スパークとは

スパークでは、いわゆる問題行動に対してアプローチするのではなく、その子の興味に合わせ療育士自身が感覚を刺激し、感情を豊かにして、遊びの中から運動につなげます。その中で、たくさんの運動とやり取りを行い、常に称賛し続けることで自己肯定感を高め、脳のやる気スイッチを入れ、運動機能・感覚調整・感情、つまり心と体の機能を同時に高めていき、一つずつ 『できる』を増やしていきます。

コンセプト

- 共動・共感 -

子どもと大人が 共に心を動かし、体を感じて一緒に成長する。 豊かな環境と適切なアプローチで、一緒に楽しく体を動かしやりとりする。
~3ヶ月あれば、どの子も変わります!~

スパーク運動療育の効果

1. 有酸素運動 ~脳の可塑性を高める~
〇血流が増して脳の活動に必要なエネルギー源が送られ、脳が目覚める。また、ドーパミンが生成されてやる気や集中力を増す。

〇脳由来の神経栄養因子(BDNF)や神経成長因子(IGF-1)などが生成されて、脳細胞と神経回路が強化される。また、脳細胞の新生を促す。

〇セロトニンなどの神経伝達物質が生成されて、気分が安定する。

2. 技能習得型 ~新しい脳神経回路をつくる~
〇コントロール・バランス・協調運動などを通じて、新しい脳神経回路をつくる。これらの脳神経回路は、学習や記憶などにも使われ、脳機能が高まる。

3. 感覚を刺激 ~脳を最も広範囲に使う~
〇脳は常に内外からの感覚情報を処理し、運動命令を出している。環境からの刺激(特殊感覚)を受けながら、体内の筋肉を使って動く(体性感覚)ことによって、脳は広範囲に使われ活性化する。

安全性と理論

〇一般社団法人日本運動療育協会(SPARK協会)の認定の運動療育士による療育を行います。

〇ハーバード大学医学大学院准教授ジョン・J・レイティ博士(SPARK協会特別顧問)

〇理論:脳科学(SPARK)、発達心理学(DIR)

○スパークではお子様の興味から運動につなげていきます。ゆえに、行動を強制するようなアプローチを行いません。

ご利用のながれ サービス内容

10:30~17:30(約60分の個別療育) ※基本は個別療育より開始し、お子様の成長に合わせ小集団療育を検討します。
【概要】
〇営業日/月~日曜日
〇休業日/GW・盆・年末年始 
〇サービス提供時間/10:30~17:30 〇通常のサービス実施地域/京都市 その他の地域については応相談。
〇送迎サービスなし

※基本、屋内療育を中心としますが、屋外の自然の中で行うフィールド療育もございます。 ※育児の主役である保護者と連携で関わり、共育・共感を大切に療育していきます。

ご利用料金

児童福祉法に基づく障がい児通所支援給付費の10% (受給者証をお持ちの方対象に、世帯収入により自己負担割合が異なります)

例/1日当たり、0円、約500円、約1,000円が目安です。詳細につきましては各自治体窓口または、当事業所へお問い合わせください。




スパークスタジオ京都左京店

〒606-8227 京都府京都市左京区田中里ノ前町25
TEL 075-706-7100

詳しくはこちら

PAGE TOP